「ほっ」と。キャンペーン

我が家の『トッケイ』       時計が四足でしっぽ生やして歩く。


by hanatigire
上陸106日目 本日でバリ実況 第1部を終了いたします。後日は日本でお会いいたしましょう。
次回のバリ実況はレストラン認可がおり、晴れて私がワーキングビザ取得時となります。会社登記は終了しましたが・・・
それまで 日本に出稼ぎに行って参ります。
そろそろ チクリがありそうな気配を感じております(おそらく日本人にやられる)。このままだと、罰金2万ドル、入国拒否2年です。やばいヤバイ・・・

f0102123_13105072.jpg
      右 うちの社長 ヤンチェ
f0102123_13113677.jpg
      食事前 30分間 箸を使う特訓をした

先日 皆が私の送別会をしてくれた。

この3ヶ月足らずの間(工事期間を入れると約4ヶ月)、よく私についてきてくれたわ。店も本店・ラマヤナデパート・ティアラデワタと次々出店し、何とか赤字を出さずにやっていけそうだ。
マデちゃんが皆を代表して「私たちに仕事を与えてくれてありがとう。・・・etc.」 聞いてる私はかなり涙をこらえていた。

私の子供より若いこの子ら(ヤンチェですら私の長女と同じ歳)に、保険・年金の手続きを開始した。安心して働ける環境つくりだ。ここバリではまだまだ珍しいらしい。

これは経営者の責任である。日本では経費削減(実は経営者がお金を一人占めしたいだけなのだが)という理由で、雇用契約をいったん解除し、「あんた、明日から一人親方だから自分で保険や年金払ってな。いやなら辞めてくれ」 なんて話をよく聞く。いったいあんた一人でなんができるん? と聞きたいわ。

こちらでボランティアを20年近くやっている叔母にお願いされていたのが、バリで一人でも多くの人を雇用すること。少しでもお役にたてたかしら?
失業率が10%といわれるが、実際 1日中、1ヶ月安定して となると、その3倍以上になるだろう。まだまだ仕事が無い。

話は変わるが、この店 ヌサドゥア・バイパス沿いの焼肉レストラン「サマ・サマ」。
食べ放題でRP190,000/1人を売りにしている店。 
かなりの出費を覚悟して行ったが、ヤンチェに交渉してもらってRP60,000/1人まで下げてもらった。最近ヤンチェも交渉上手になってきたわ。

よく考えるとヤンチェ以外 箸が使えん。私はひたすら焼き係になってしもたわ。

●番外
9月号バリフリークの食道楽のコーナーに「サムライ」知らん間に登場。ご覧あれ・・・
ちなみに8月号の「3時の穴」にも載ってます。これ全部無料掲載。

http://www.his-balifreak.com
[PR]
# by hanatigire | 2006-08-31 13:53

バリのオカマ事情

上陸103日目 仕事帰り クタのハーゲンダッツでアイスクリームを皆にご馳走した

ご存知でしょうか? ここバリではオカマちゃんの人口密度が大変高いことを・・・
彼らは立派に人権を持って生活しております。

帰国が迫っている昨日、日本で髪を切ると高いのでこちらの美容院に行ってみた。
お店は「サムライ」から800メートルぐらいの距離。
店内に入ってまず目に飛び込んできたものは・・・ ここのオーナー 男? 女?
オッパイは立派なふくらみ。しかし、股間も立派なふくらみ。
おー オカマちゃんではないか。お店も繁盛しとるわ。

最初に洗髪した後カット。インドネシア語がチンプンカンプンの私に目で「これぐらいでいいか?」とやさしく合図してくれる。私も手で触ってみて、「もうちょっと」と指で切る仕草をしてみせる。仕事は女?らしくすごく丁寧だが無駄な動きはない。
再び洗髪後、マッサージ。さすがスパの島、無茶苦茶きもちがイイ。
1時間で終了。RP25,000 ソスロ1本おまけ。

f0102123_10311280.jpg


      クタ スクエアのハーゲンダッツにて
      中央 うちのオカマのマデちゃん

当然うちの店にもオカマちゃんは存在。その名はマデちゃん。人事を担当して貰っている。
彼は昼間、信用組合のボス。ここの島は村、村に信用金庫とかその村の豚を飼っている人の信用組合とかが存在する。そんなのが無数にある。なんと彼のオフィスはヤンチェの実家。
わけが分からんでしょう? 私もやっと最近仕組みが分かってきたばかり。
私のなけなしのルピアは彼の信用組合に預けている。金利年13.5%。ほっとけばいくらでもお金が増える。
本当に可愛いやつで、他の女と私が話をしているとすねる。私の手を握ったまま離さない。
しかし、仕事は別。器用になんでもこなし、冗談が旨いらしく、お店の看板ムスメだわ。
この日はクタを皆でジャラン・ジャランしたのだが、小指を立てて内股で歩き、通りすがりの人全部に「テウクマールのサムライを宜しくネ」と宣伝していた。
[PR]
# by hanatigire | 2006-08-29 10:53

珍道中 その4

上陸100日目 ついに100日目を迎えた 旅行に行きますと言って そのまま家を出たっきり
奥様 大変申し訳ない

6人衆珍道中 最終日
朝早くから、エステ(4時間コース)、買い物、ホテルでのんびりと行動はさまざま。

スーツケースなどの荷物がいっぱいあるので、ばりばり1号も出動し、2台で移動。
お昼ごろ集合し、スミニャックで昼食・ショッピング・ビィラ見学などを済ませ、お土産を買いにティアラ・ガツー(スパーマーケット)へ。
買うわ買うわ、バリコーヒーなどは棚に並んでたやつがすっかりなくなった。1こ10円ぐらいのインスタントラーメンも大量買い。
まあ スーパーだと同じお金でも土産物屋の倍買えるから、大正解だと勧めたのは私ですけど・・・

f0102123_11233419.jpg
      タナロット名物 へびを触って幸福を呼ぶ
      変な日本語で祈ってくれる

タナロットへ移動。相変わらず、観光客でごったがえしていた。
残念ながらのお天気で、綺麗な夕日は見ることが出来ませんでした。残念。

その後最後はもちろん「ワルン・サムライ」で大宴会。ボーリングが何回もできるぐらい空いたビール瓶が並び、大盛り上がり。

4日間はあっという間に過ぎ、空港のゲートで手を振ってお別れしました。
バリが気にいってくれたらいいのだけど・・・


●バリでの結婚 ヤンチェとアニータ編

ここインドネシアでは、宗教がお互い違うと結婚できません。
私は他にそんな変な法律がある国を知りません。

かわいそうですが、ヤンチェとアニータは異宗教なので、このままでは一生結婚することは出来ないのです。

どうすればいいのですか?

①結婚をあきらめる
②村や国を捨てて海外で結婚する
③村や家族を捨ててどちらかが改宗する
④ヤンチェが大統領になり法律を変える

この4つしか思い浮かばないのですが、あなたならどれ? 私は④。
[PR]
# by hanatigire | 2006-08-26 11:48

私の小旅行

上陸99日目 私は朝仕込み後 休暇を貰った

今回のバリ滞在最終日まで1週間をきった。
次回はレストランの営業許可が降りるまで、日本で待つこととなる。ビザをワーキングにするためだ。このビザは6年こちらにいられる。

朝ヤンチェに「昼から休ませて」というと、初めてそんなことを言ったので心配して「びょーきですか?」 「いやいや100日近くここにいるけど、なーんにも仕事以外してねーから」。

ということで、バリでしたかったことの2つをやりたいと告げた・・・

その1 アニータの故郷 ヌガラで「ジェゴク」を聞く。

早速作戦開始。なぜこの日かというとジェゴクの「ムバルン」の公演が毎月第2・4木曜日しかないからだ。
どんなに一人で行って迷っても、バイクで4時間もあれば公演場所を探せるだろう。しかし夜道はさすがに怖いので、1泊400円ぐらいの安宿を予約してもらった。カメラの充電・カッパ・頼りない地図などを準備し、もしかしたら人生最後の食事になるやも知れないザルそばを家で美味しく頂いた。
ヤンチェから「心配だから私もついて行く」との申し出。仕方なく二人で行くことになった。
なんと 公演確認したら、本日2人の予約しか入らなかったと中止。
私は本当に運が悪い。すごい虚脱感。

それならば その2 VISAカードのCMのロケ地「タバナン」のたんぼの中をバイクで走りまくる作戦。
そーです あのCM 「タバナン」です。すごーく調べました。夫婦が民族衣装カードで買って、それ着てレンタバイクでライスフィールド走って行くやつ。

f0102123_11201792.jpg
      憧れていたフィールド

全く知らない道や町並みをゆっくり堪能しながら一人バイクでトボトボと。
タバナンは意外にも大きな町で、一方通行だらけ。10人くらいの人に聞いて、道を確認しながら10キロばかり北上。
あったでー。これじゃ、これ。道に迷うのを覚悟し、いざ脇道に突入。走っては写真、走ってはワルンで冷えてないソスロを飲みながら、1時間半 村から村へ、山から川へといった具合い。

案の定 全く方向感覚がなくなってしまい、「わたしはだーれ?」状態。小高い場所から見下ろし、車が走っている道を確認。1メートルぐらいしかない道をクネクネ。
途中 牛の親子が単独で散歩中。すり抜けられないので、仕方なく一緒にバイク押して1キロぐらい歩いた。ウンコよけよけ。

もう夢心地 初めてバリ来て やりたいことがひとつ達成。
酸素の量が全く違う。それと子供の時おじいちゃんと行った、田んぼの香りがよみがえった至福の半日であった。

しかし 4時間バイクに乗るとケツが痛い。
[PR]
# by hanatigire | 2006-08-25 11:41
上陸97日目 大事件発生!

昨日珍しく5時にお店を引かせてもらい、バイクでクタをウロウロ。
今までで一番綺麗な夕日を、一人寂しくクタビーチでソスロ飲みながら堪能。

そろそろHISの情報誌「バリフリーク」が出版される時期だと思い、クタのHISの事務所で一部貰った。
例によって、「とらや」でたこ焼きを食べながら、何気に「バリフリーク」を広げて読んでいた。

そこで見たものは・・・ どこかで見た事があるロゴマーク。

なにーーーーーー うちの店が載っとるじゃないの。
それも「食道楽」のコーナー全面ブチ抜きの大特集。

でかい写真4つも載せてくれて、いつの間にこんな写真撮ったんじゃ? 全然 はなし 聞いてねーぜ。

もう、目が点。これ紙面買うと、おそらく新車のバイク4台は買えるでー。鳥肌が立ってしまった。
2ヶ月も続けて、ましてや1ルピアも使っていない。超ラッキー。


●サムライ新メニュー情報
昨日から新メニュースタート
 八宝菜/150円
 麻婆豆腐/150円
 海老玉/125円
 鳥のから揚げ/125円
 など 中華系9種。

カレー4種類でスタートした2月前。ラインナップが33種類になってしまった。
写真付のメニューが1セット3冊にもなり、お客さんがオーダーするのに5分近く見ているわ。
実は私が食べたいものばかりなのだが・・・


f0102123_115872.jpg
      独立記念日から始まった5連休 
      うちの町内の運動会
[PR]
# by hanatigire | 2006-08-23 11:09

珍道中 その3

上陸96日目 昨日お店が引けて1人でクロボカンのたこ焼きや「とらや」に夜遅くおじゃましました。10個でRP10,000。2皿食った。やはり日本人はソースと青のりにマヨネーズじゃ。

6人衆珍道中 3日目 その二
「アシタバ」工場の後 テガラランへ。
f0102123_1032560.jpg
      ここの景色が私は一番好きです

叔母の教え子がオーナーで、奥さんが日本人のレストラン「カンプン・カフェ」に移動。
ぎぇっ! 上層階の建物が無い。改装中である。そーとー儲かったのかしら。しかしめげずに、ここが経営している隣のビィラに貸切で入れてもらって、事なきを得た。
f0102123_1095973.jpg
      贅沢にもテガラランの景色独り占め
      ビィラのでかいリビングで色々食った

その後、ウブドでショッピング。王宮でバリ芸能を満喫。
f0102123_10141192.jpg
      このグループは私にはかなり物足らなかったわ

事前のリクエストだった「綺麗な星が見たい」という希望が、ウブドではあいにくの空模様にてかなわず。
この時点でもう14時間もたっている。そろそろ帰ろーか。
「疲れたから スパに行きたーい」 ぎぇぇぇっ! また始まってしまった。
とーぜん スパ後飲みに行き、最後はジンバランのビーチに缶ビンタン持って寝転がり(私は本当に寝てたわ)、流れ星見てました。
家に着いたら午前3時。朝7時に家出たからこの日20時間もガイドした。へろへろ。

4日目は次号で・・・
[PR]
# by hanatigire | 2006-08-22 10:31

珍道中 その2

上陸95日目 ここ4日間 ひじょーに暑い 

6人衆珍道中 2日目
この日は「サムライ」に41人の団体予約があり、私はお店で準備に追われ、ヤンチェ一人が担当。
ヌサドゥアのビーチサイドでマリンスポーツ。パラセール・スクーバダイビング・ジェットスキー ・・・etc. 特にジェットスキーで海がめがいる島まで行き、小亀を抱いて大変喜んでいたそうな。ビーチにある全てのメニューをこなし、イネ飯。
ここのマリンスポーツの会社はヤンチェの友人がやっているので、価格はヤンチェ価格。他の人には言えない。
ブノア港に移動し、サンセットクルーズ。セット内容はディナー・ドリンク飲み放題・ダンスショー・ディスコなどの350人乗りクルーザー、3時間30分の旅。もちろんヤンチェ価格。

私が港まで向かえに行き、ちょっと遅い夕食へ。今日はジャラン・オベロイ。
叔母お勧めのラ・ルチオーラ(クーデタの奥)へ到着すると、大変遅い時間なのにお店は満タン。おまけにフランス語のメニューがさっぱり分からん。適当に注文したら、何くってもおいしかった。
まー ここでも超ヨッパライ。明日早いので午前1時に切り上げ。

3日目 その一
今日は超過激スケジュール。朝8時にホテルへお出迎え。
まず アユン川へ直行。

f0102123_10362694.jpg
      出発前の勇姿

ラフティングで一番長い距離(10キロ)を下る会社へ行き、ウェルカムドリンクを頂きいざ出発。
ここで私にワナが待っていた。写真を取ってあげようと川まで階段を下りたのだが、なんと500段もあった。おりるお客さんはいいのだが、私はこの後昇って行かなくてはならない。
その後3日間 超筋肉痛。
川下へ向かえに行き、ここでバイキング・イネ飯。結構旨い。おまけにビール飲み放題にしてくれた。もちろんヤンチェ価格。今度私はタダで乗せてくれるそうだ。

f0102123_1048442.jpg

f0102123_104962.jpg
      アシタバの工場 実演させてくれる

「アシタバ」の加工工場へ行き、ショッピング。ここがいいのは全ての商品が買える。どーしてもショップだとスペースの関係で一部しか置いていないのだ。
私もびっくりしたのだが、1ルピアもまけないこのお店 とんでもないカラクリがヤンチェにはあった。思わず私の娘にバックを買った。内容はネット上ではこらえてください。

その後 ウブドへ・・・  次号にて


f0102123_10562611.jpg
      私の愛車 トヨタではなくホンダなのになぜか「スープラ」
      120キロのスピードが出る ネーミング募集中

このバイクで3日か4日かけて、チープでディープなバリ一周旅行を一人で行ってみようと思っています。予算1000円(ガソリン別)。
カメラ・カッパ・パンツ・Tシャツ・靴下・下痢止め・アクア・ウィスキー少々・タオルぐらいで安宿かその辺の人んち泊めてもらって回ってきます。
[PR]
# by hanatigire | 2006-08-21 11:10
上陸94日目 お待たせしました。1週間騙され続け、やっとこの日を迎えた。その代わり、叔母の家に付けた時の値段の1/3にさせてやったわ。ホンマ時間がエー加減じゃ。

4日前にばりばりさんからTELがあり、おととい合流した。空港近くのホテルで待ち合わせ、クロボカンの「ワリサン」で飯。なんと途中でmohyo2さんからTEL。スミニャックにのビィラにいるということなので、拾って行った。
mohyo2さんはスパ女王らしくその後スパへ。
ばりばりさんは叔母が下痢で、犬の散歩の代打としてチャングーの「レゴン・クラトン」へ一緒に行ってもらった。彼女は珍しくジュース。その後はトーゼン「サムライ」で飯食ってクタに移動。
5日前から車の運転している私は、クタの一方通行だらけの道を適当にいったり来たり。
レギャンで「この辺曲がったらまともな店あるじゃろう」とこれまた適当にビーチ方面に・・・
着いたさきが「ガドガド」。ガイドブックでみたことあるけど、こんなところにあったんか という調子。店は満タン。
感じのいい店で、個人的には大好き。ウイスキーがいっぱい並んでるので。
またまたmohyo2と再合流。タクシーでやってきた。
2人の甲高い会話を横で分析していると、やっぱりアホ。バリ病菌にかなり犯され、頭が狂っている。もう社会復帰は不可能。おまけにお酒はどの腹に入るのかしら? 底なし。
ばりばりさんは店員に、日本人にドリンク出すとき「スケベ」と言うのよ と変な日本語を教えていた。多分、今後「ガドガド」に行くと、「スケベ」と言ってドリンク出してくれます。

当然お二人とも初めてお目にかかった。たぶんこのことはお二人のブログに詳しくUPされると思いますので、ご期待くだされ・・・

さてさて 岡山の友人に頼まれ、14日から初バリ6人組みをヤンチェと交代しながらバリを案内した。条件として、私の飯と酒はお願いするということで・・・  食うて、飲むでー。
では 4日間でバリを満喫できるプランをご紹介いたします。

1日目 ホテルへ18:00にお迎え(バリ着16:30の便)
ジンバランのエリアのホテルということで、ビーチ沿いの屋台村へ。ここはシーフードをその場で焼いてくれ、とにかく旨くて、安い。

f0102123_1148539.jpg
      ロブスターやクラブ 何匹食うたかしら?

クタへ移動し、ディスカバリーモール「セントロ」でお買い物。2Fカフェのテラスでまた飲みまくり、ビーチで散歩。もうホテルに送ろうと思っていたら甘かった。
ここからがすごい。女性人がスパに行きたいと言うではないか。こんな夜遅くまでやってるところあるのかしら? 探し回り1軒開いてた。

●新発見 お気軽、お勧めスパ情報
クタ ボムの慰霊碑の斜め右前 「Shinkei」。 いかにも神経痛が治りそうなネーミングだが、日本の綺麗な美容院みたいな雰囲気で、足つぼマッサージ60分RP60,000(770円)。24:00まで営業。日本語メニューリストあり。日本語OK。

みんな大満足。ヤンチェも安いのでやってた。
安いわー と言いながらその後隣のバーでRP900,000も飲んでどーするねん。

2日目以降は次号で・・・
[PR]
# by hanatigire | 2006-08-20 12:19

バリの運転免許事情

上陸87日目 独立記念日(17日)近し

昨日運転免許取得。と言っても実は買った。
こちらの国 運転免許は買えるのである。コネがあれば安く、すぐくれる。
こちらでの免許取得はこうだ・・・
まずはじめに文句言いたいのは、ガイドブックやインターネットの情報では、バリでは国際免許証が使えないことになっていた。しかし、こちらの警察で確認すると全然問題なし。こんなことなら日本で取ってくるんだったわ。ホンマ頭にきた。えーかげんな情報載せるんじゃねー。
こちらの日本人学生やリタイヤ組の人もうのみにしてみんなこっちで取っとる。かわいそうに。
多分ほとんどの日本人はこのこと知らないと思う。
では本題。正規ルートは必要書類:パスポート、在留証明書またはキタス、健康診断書を添えて申し込む。
10日ほど後に筆記試験(インドネシア語・30問)と路上試験。これが済むと他の場所へ行ってまた手続き・・・ 永遠にこんなことやって約4週間後に交付。料金RP75,000。
今回の私の場合はコネ使って、バイクの免許RP250,000(通常価格RP350,000)。おまけに何百人も並んでいる先頭に連れってくれた。写真とって、指紋とって、サインして、はい終わり。60分の早業。ちなみにこの免許はCライセンス。
ちょっと高いって? よーく考えてみて。30問のインドネシア語で書いたテストが受かる日本人はまずいない。ここで20から30万払って答え教えてもらうんです。あなたはどっちがイイ?
実はここからが大傑作。
別室に呼ばれ、お偉いさんらしき人がやってきた。「頼みがある。昨日バリで一番偉い警察の人が、トヨタのアルファードを日本から輸入して買った。しかし取説が読めないから、TVやバックソナーなどさっぱり分からんで困っている。その人の家に行って教えてくれ。」との事。
すぐ家へ行き、あれこれアドバイス。先方は大感激。
一番面白かったのはカーナビ。これを使いたいという。そりゃーアナタ、海の上走って、日本まで来たら画面が地図になるけど、ここら辺は地図データないからずっと海の中じゃ。私の日本の家をTEL番号で検索して見せたら、目をクルクルさせてたわ。
交換条件は私のAライセンス(車)の交付と免許の期限の延長。私のバリの家族が交通違反で捕まっても今後全て見逃すといったところ。これにはびっくりたまげた。車の免許をおまけで貰ってしまった。それも先方が勝手に作った私の免許証は、なーんにも言っていないのに学生、仏教徒、おまけに私が国際免許証を持ってないのにデンパサールでなくしたことになっていた。
この国 どー思う?
ついでに言うが、この車こちらで1300万円以上する。絶対だれかからのプレゼント。意味わかる? ワ・イ・ロ・ 公務員が買えるわけがねー。

パグンが突然カタールに出稼ぎに行くと言い出した。
先日、叔母が送別会をしてあげ「ワリサン」へ私も連れて行ってもらった。

f0102123_2335549.jpg
      ニース風サラダとキッシュ
f0102123_2342027.jpg
      ランチコースの仔牛の煮込みとハンバーガー

この店 バリの在留外国人の一番人気フランス料理店。
この日もすごい賑わいでしたが、日本人はゼロ。
ランチコースはRP59,000(750円)でこの日のスターターは鳥のサラダ。女の人はこれだけでも腹いっぱいになりそう。スターター+メインか、メイン+デザートを選ぶ。もちろんロッティ付。とにかく旨い。
●裏情報:ロッティ(パン)のおかわりはタダです。おまけに焼きたて。
[PR]
# by hanatigire | 2006-08-13 23:19

バリ撃沈

上陸84日目 ばりばり1号、やっと到着

ワルンで仕事のためパソコン使っていて、久々のUPです。もうじきワルンにインターネットがきます。今後はワルンからのUPとなります。

叔母の友人が1週間ほど我家に遊びに来てます。南山大学で働いていた時代の同僚とのこと。うちの叔母、これでも名古屋大学の教授してました。大学ほっぽりだして、バリに移住しました。
昨日お二人さんウブドへアタ製品のお買い物。しかし全く日本人がいなくて、出会ったのは2人(もしかしたら中国人)だったそうです。
そして今日、ヌサドゥアのSOGOの入っているショッピングモールへ。ここでも日本人はおろか、ひとっこひとりだーれもいなかったそうです。
そういえば彼女の来るときのチケット、確かキャンセル待ちだったはずだが、実際はガラガラ。
私の便も搭乗率も30%ぐらいだった。
どう考えてもハイタイムの今の時期にこんなにガラガラなのは、地震・津波の影響か?
バリは全然関係ないのにねー。
バリは撃沈してます。えらいこっちゃ。

f0102123_2133671.jpg
      「サムライ」 どんどんメニューが増え、34種類目
      チャプチャイ(八宝菜)

ついにばりばり1号 今日納車。
カッコえー。

f0102123_2183580.jpg

f0102123_219677.jpg
      例によって日本語フォントが看板屋にないので、
      「ばりばり1号」はハナチギレ書道8級による力作

●サムライ2号店は2日目にして、本店の売り上げを抜きました。
[PR]
# by hanatigire | 2006-08-10 21:14